fc2ブログ

アンティークメーカー別 

到着!希少なアンティークミシン

2009-02-22 (Sun) 01:13
イギリスから超希少なアンティークミシンが届きました!
1870年頃のThe Shakespear(シェイクスピア)というミシンです。
稀少!アンティークミシン シェイクスピア

創業者のThomas Shakespearの名前を冠したミシンで、フェイスプレートとバランスホイールの軸の部分に有名な劇作家ウィリアム・シェイクスピアの肖像が象られています。実際に血縁関係にあったわけではないようですが・・・
稀少!アンティークミシン シェイクスピア
稀少!アンティークミシン シェイクスピア

猫足などと呼ばれる英国独特のPaw Footです。
稀少!アンティークミシン シェイクスピア
ミシンのデザインが非常に凝っていた時代の代表ですね。

The Royal Sewing Machine Company.
1868年にトーマス・シェイクスピアとジョージ・イルストンにより設立された会社です。拠点は工業地域として有名なバーミンガムでした。1870年代には他企業を買収しきぼを拡大しましたが、1888年には企業活動を終えています。とても短い期間というのもこのミシンの希少性に拍車を掛けています。

アンティークミシンメーカー Jones

2009-01-22 (Thu) 22:52
英国アンティークミシン Jones1
ジョーンズファクトリー(The Jones Factory) 1930年頃

ジョーンズ社の創始者であるウィリアム・ジョーンズ(William Jones)がミシンの製造を始めたのは1859年で、翌1860年にはトーマス・チャドウィック(Thomas Chadwick)との共同経営をはじめました。当初、彼らはイギリスのアシュトンアンダーライン(Ashton-under-Lyne)で会社名をChadwick & Jonesとしてミシンを製造していました。この共同経営の期間は実は短く、1864年1月にはトーマス・チャドウィックがジョーンズを離れ、同じくイギリスのブラッドベリー(Bradbury & Co)に参加しています。
1869年にはウィリアム・ジョーンズはマンチェスター近郊のガイドブリッジに新工場を建設し、1879年7月5日に法人組織になりました。その後ジョーンズは長く厳しいミシン産業界を生き抜き、現在では日本のブラザーに買収されBrother UK Ltd.として営業を続けています。
 このジョーンズ社は家庭用から工業用ミシンまで幅広い種類のミシンを生産しました。

さらにジョーンズのミシンをいくつかご紹介します

続きを読む »

アンティークミシン STOEWER

2008-12-18 (Thu) 00:27
アンティークミシンのメーカーの一つ、STOEWER(ストーバー)について

19世紀からドイツは品質や価格で優れたミシンを製造していました。 その歴史の中で、ストーバーはドイツで2番目に早くミシン製造を始めたメーカーでした。 当時は、ミシン自体が一般に認知されておらず、開業当初は一部の縫製業者にのみしか製品が売れずに苦戦しましたが、口コミで評判が広まり、ストーバーのミシンは徐々に販売数を上げていきました。

ストーバーのアンティークミシン
アンティークミシン Stoeber その1

アンティークミシン Stoeber その2

SOTEWERについて
STOEWER MUSEUM(英語・ドイツ語)
→英語ですがSTOEWER MUSEUMのたくさんの写真だけ見てもおなかいっぱい。
Googleの画像検索「STOEWER」
→ミシンよりも車の写真が多いです。レトロな車が新鮮です!

ストーバー自身は非常に開拓精神あふれる人物であったらしく、やはり当時は希少だった自転車やタイプライターの製造も手がけました。 また分岐した会社が自動車を製造も始め、ミシンを含めたこれらの工業製品によってストーバーは成功を収めました。 

残念なことに、第一次世界大戦の影響で生産が激減し、またあまりに大きくなりすぎた会社は1900年代初頭の経済危機を乗り越えられず、ストーバーが設立した会社自体は1933年に閉じました。 しかし、残った工場や技術を買い取った会社はストーバーの名前を残したまま自動車やバイク、自転車の生産を続け、彼の工場があったStettinが第二次世界大戦後にポーランドの支配に移るまで生き残りました。

Stoewer Museumには彼の会社の製品が数多く展示されており、また世界のどこかで毎年行なわれるストーバーミーティングには多くのファンが今尚集ってるそうです。

アンティークミシン HENGSTENBERG & Co.

2008-12-10 (Wed) 14:38
ドイツのアンティークミシンメーカー、HENGSTENBERG & Co.(ヘングステンベルグ)をご紹介します。
HENGSTENBERGは1876年にKarl Schmidt(カール・シュミット)により創業された会社で、当初はレザー用のミシンを生産していました。私の私見ですが、革用つまり職業用のミシンを生産していた会社のアンティークミシンは、品質や縫う機能面で優れたものが多いようです。1878年からは家庭用ミシンにも進出しま生産量を伸ばし、1883年に社名を正式にHENGSTENBERG & Co.に名乗るようになりました。この頃の会社のロゴは、三塔からなる西洋の古城をデザインしたものです。その後、経営にAnker Westfaliaが加わると、ロゴに碇のマークを使うようになりました。

アンティークミシン Hengstenberg その1
1800年代後期の土台まで鋳鉄で出来たアンティークミシンです。金彩模様はかなり残っていますが、劣化が見られます。このような黒い塗りに金色の装飾は、日本の漆塗りにヒントを得たとも言われています。残念ながらシャトルがずいぶん昔に失われてしまっています。

アンティークミシン Hengstenberg その3
1890~1900年ころのフィドルベースのアンティーク手廻しミシンです。金色の薔薇柄と緑の葉の模様が少し残っています。ベッドの形はアールヌーボーの影響を受けたバイオリン型で、その中央には螺鈿細工が埋め込まれています。ボートシャトルも付属していて縫うことが出来る状態です。ケースもあります。

アンティークミシン Hengstenberg その2
ベッドが矩形になった1900年代のアンティークミシンと思われます。状態はかなり良く、90%以上デカールが残っています。ベッド中央にはやはり螺鈿が埋められています。このミシンは糸目もかなり綺麗に縫うことが出来ます。