2010年01月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お問い合わせ時はメールアドレスをご確認ください。

2010-01-29 (Fri) 14:50
フォームにて何件かお問い合わせを頂いていますが、メールアドレスが間違って入力されてますと返信が出来ません。
ご質問の際にはメールアドレスが正しいかご確認をお願いいたします。
スポンサーサイト

アンティークミシンと新年寅年の意外な関係

2010-01-18 (Mon) 00:00
関係って大げさに言いました。単に足踏みミシンの木目の話です。

こちらは昨年末にレストアのご依頼を頂いたシンガーの足踏みミシンです。
アンティークミシンと新年寅年の関係1

アンティークミシンと新年寅年の関係1
アンティーク家具に使われていたものと同じ数種類の塗料を使用すると、鏡面になるほど美しくなります。バイオリンなどの塗装がそれです。写真でもかなり綺麗になっているのがわかります(まだ磨きがたりないです。技術は発展途上ということで!)。

アンティークの多くのシンガー足踏みミシンのテーブルには、オーク材という木が使われています。
オーク材の特徴は、写真のように波紋のような木目がある点です。特に虎の毛皮のような柄の木目を虎班杢(とらふもく)と呼びます。
アンティークミシンと新年寅年の関係1
こちらのミシンではその虎班杢が本物の虎の毛皮のように出ている珍しい足踏みミシンでした。お正月を過ぎてご依頼主さまにお渡ししましたが、よいトラ年のスタートが切れました!

【動画】ボビンケースをうまく使う下糸調子のやり方

2010-01-16 (Sat) 01:41
普通のミシンやアンティークミシンを使っている方でも下糸調子の取り方をご存じない方が意外と多いので、今回も下糸調子の簡単な取り方を動画にしたためてみました。



http://www.youtube.com/watch?v=qS4MeRFxuwk

動画には解説がないですが、

★注意3.糸を交換したら再び下糸調子を決めなおす
特に糸の太さや種類が違う場合は、もう一度ボビンケースのネジの調整が必要です。同じ種類でも色が違うと染料の具合で糸が滑りやすいものなどありますので、要確認です。

ボビンケースを使用するミシンのメリットは、ある程度太い糸や伸びる糸も使用できるという点があります。
なお水平釜のミシンは下糸調子をマニュアルで取る必要はありません。

ご参考までに。

明けましてもアンティークミシン三昧で

2010-01-01 (Fri) 02:00
あけましておめでとうございます!

昨年は北は北海道から南は鹿児島までアンティークミシンの修理のご依頼をいただき、有難うございました!

「おかげ様で昨年は技術が向上しましたと年初に言う」という目標は達成できているのか自問自悶しています。

本年も何卒よろしくご指導をお願い申し上げます。

賀正
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。