2012年01月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足踏みミシン部品制作の続き

2012-01-27 (Fri) 23:36
作ってた部品を少し色づけ。まだ違いが分かりますね。これから仕上げです。
足踏みミシンの部品1
スポンサーサイト

足踏みミシンの部品作成

2012-01-21 (Sat) 17:32
足踏みミシンの引き出しの飾りを作っています。

形はうまくできてる!かも。
このあと微調整して表面を整えて色付けします。
案外手間がかかるなぁ(^o^;)

アンティークミシンのちょっといい話

2012-01-16 (Mon) 10:55
実は私も最近お客様から教えていただいた、テディベアの生みの親であるドイツのマルガレーテ・シュタイフ婦人のお話です。
アンティークミシンとシュタイフのテディベア1

シュタイフ婦人は19世紀中ごろのドイツで生まれ、同じく手足が不自由になりながらミシンを使っていた女性です。彼女は1歳の頃に小児麻痺により両足と右手が不自由になったそうです。
針仕事を職に選び、さらにハンデを乗り越えフェルトの会社を起業し、手作りのテディベアが世界中に広がりました。

最近シュタイフの方に聞いたのは、当時人形を作るのに手回しミシンを使っていて、通常は右手で回すようハンドルが付いているのですが、ミシンを反対向きに置いて左手でテディベアを作っていたそうです。ハンドルの回転も生地の進み方も反対ですので、彼女なりのノウハウがあったのだと想像できます。
新千歳空港のシュタイフの展示場には、左右逆に向けたミシンが展示してあるそうです。
アンティークミシンとシュタイフのテディベア2
アンティークミシンとシュタイフのテディベア3
こちらはお客様から頂いた雑誌です。左右逆のミシンの写真やテディベアなどのシュタイフの人形の歴史が解説されています。
シュタイフについてほぼ知らなかったのですが、写真付きで読みやすい本でした。
リンクはシュタイフの日本のウェブサイトとWikipediaのシュタイフ婦人のページです。

シュタイフ物語
http://www.steiff.co.jp/steiff/story_01.html

マルガレーテ・シュタイフ
wikipedia マルガレーテ・シュタイフ

作品が多くの人を幸せにした、そんなお話です。その中にミシンがあったことは嬉しい限りです。

 

FUKUSUKE 福助の足踏みミシン

2012-01-12 (Thu) 17:31
前回は赤いミシンを紹介してお正月感を出そうとしたけど、
ちゃんと「福」が付いている足踏みミシンの写真がありました。
ミシン本体だけですけどFUKUSUKE(福助)のミシンです。
FUKUSUKE 福助の足踏みミシン1

FUKUSUKEはストッキングで有名な会社の福助です。
最初は従業員向けに作っていた足踏みミシンを、評判がよいために一般にも売り出したのだそうです。
FUKUSUKE 福助の足踏みミシン3

おや?福助の人形が。どなたかが展示に置いていってくれました^^
正月から縁起がイイ♪
FUKUSUKE 福助の足踏みミシン2

調べたところ、福助は実在した人みたいです。
wikipedia 福助人形
障害があるにもかかわらずポジティブに生きて芸で周りを幸せにした人物だったみたいです。
現代の乙武さんみたいな感じでしょうか^_^ 自分もかくありたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。