2013年06月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャノメの足踏みミシンで革を縫う

2013-06-15 (Sat) 13:10
時々お問合せにある「足踏みミシンで革を縫える?」というご質問。

革と言っても色々ありますのでイエスノーで答えることは出来ませんが、機種によっては、写真のようななめした牛革2枚(厚さ3mm位)ほどでしたら、針を貫通させる力は十分にあります。
ジャノメの足踏みミシンで革を縫う
ジャノメの足踏みミシンに、革用のミシン針16番とミシン糸30番を使用して、柔らかすぎず硬すぎずな牛革を縫っています。
縫うスピードは一般的な生地を縫うときより遅めで、私がやってみた感じだと足踏みのペダルを踏んで毎分120~150針くらいが安心安全かなと思います。
縫い目は普通地よりも短めになるでしょう。この足踏みミシンでは最大4mm程度です。
厚物を縫うときは糸取りバネの調整もできるといいですね。


専門的に革をやる前の入門としてはいいかもしれません。
職業用ミシン以上になれば革用の針にも種類が増えますので、具体的にやりたいことが決まったら次の機種に進めばよいのかな~と思います。
スポンサーサイト

アンティークミシンに合う糸立て

2013-06-13 (Thu) 11:48
完全に私の趣味で入荷したアンティークの木製糸立てです。

アンティーク木製糸立て

ところどころ塗装がはがれてて下の硬い木肌が見えてる何ともいえない古味…
木彫によるくびれも造形がたまらん~


売れなくてもいい商品(*^_^*)

猫脚のアンティークシンガーミシン 足踏みではないけど…

2013-06-10 (Mon) 15:29
クイーンアン様式といえば獣脚(猫脚)でヨーロッパの家具によく取り入れられるデザインです。
優美な曲線と過度に装飾せず素材の木が美しく映える姿に惚れこむ方も少なくないようです。


なんと古いミシンにも獣脚のデザインがありました。こちらです(*^∀^*)
猫脚のシンガーミシン1


とても優雅だと思いませんか!?足踏みミシンではなく電動ミシンでモーターで動かすミシンです。


スツールも同じく獣脚で作られていました。写真で感じるより実物は座面が広くすわり心地は◎です。
猫脚のシンガーミシン2


実はこのミシン、当店でレストア修理したミシンなのですが、到着時は脚が半分に切られた状態でした!
猫脚のシンガーミシン3
こちらのミシンは20世紀中期のアメリカ・ミッドセンチュリー家具ですが、当時の持ち主がアメリカで買い求めて日本に帰国した後に太平洋戦争になり、
空襲から疎開するときに大きくて運べないところを、脚を切って運んだということです。



命からがら逃げるときにも持っていくものがミシンだったんです。

そして家族の宝モノのミシンを切らなければいけなかった。

それが戦争なんです。



修理依頼を受ける戦争を生き抜いた足踏みミシン・手回しミシンには

こういった平和や戦争を考えさせられるエピソードがよく付いてきます。

このミシンもその一つです。




ミシン本体もいろいろダメージがありましたので修理をして縫えるようにいたしました。
猫脚のシンガーミシン4
シンガーモデル201の1つです。201にはマイナーチェンジされたデザインが幾つか存在します。

このモデルの唯一の欠点は重さです!堅牢ではありますが別名バックブレーカーと呼ばれるように
同じサイズのミシンよりも少し重く出来ています。

キャビネットに取り付けた場合は全体の重心が高いので、使用時や据え置き時にはいいのですが、
ミシンを起こして裏に注油する際などにバランスが崩れやすいので注意が必要です。


返送の際にもバランスが気がかりでしたので、このように木枠で梱包した状態でお送りしました。
猫脚のシンガーミシン5

大きなミシンはヤマトのらくらく家財宅急便で送っているのですが、
到着後に木枠の解体までやってくれたそうです(たぶん基本のサービス外だと思いますが)。
指定の位置までの搬入や梱包・開封も引き受けてくれますので、足踏みミシンなどをお送りの際はヤマトのらくらく家財宅急便がいいかもしれません。


オチが他社さんのアピールになってしまった・・・


けっこう木枠を作るのは大変なんです!採寸とか重量と重心位置の計算とか…
がんばりました!

梅雨の時期は足踏みミシンの修理が増えます。

2013-06-02 (Sun) 23:09
5月末から6月は梅雨に入って空模様を気にしながら木工などをやる季節なのですが…
足踏みミシンの修理依頼
なぜかこの時期、足踏みミシンのレストアや修理依頼が増えます!

毎年なので不思議です。


その理由。

私の想像では大型連休に実家や田舎の親戚の家に行って足踏みミシンを見つけて、

いろいろ交渉を進めた結果、ちょうど1ヵ月過ぎた今頃に話がまとまって、

当店に送っていただくのではないか、と思います。想像ですが(^_^;)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。