2013年09月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足踏みミシンで縫った作品

2013-09-25 (Wed) 09:55
お客様から足踏みミシンで縫った作品の写真を送っていただきました!

足踏みミシンで縫った作品3
こちらはパッチワークキルトでテーブルセンターを作られたそうです。
青と白を基調に黄色の差し色。素敵です!
マリメッコの生地などを使った贅沢なお品。

足踏みミシンで縫った作品2
こちらは自立した息子さんたちの誕生日の思い出のケーキをクッションで作られたそうです。
(立体的な作品を作ろうという発想すらなかったなぁ…)
しかも、

「上下の布の柄を変えて作っていますので、
季節やその日の気分に合わせて上下を変えたり、サイドに違う色のリボンやレースを取り付けたりと、
色々に飾って楽しむことができます。」


愛情だぁ~(T_T)


足踏みミシンで縫った作品1
こちらもパッチワークキルトでマルチカバー。
ピンクの優しい雰囲気のある作品です。


次回はシャツを作られるそう!楽しみです。


使用したミシン
シンガーモデル27K 1898年 イギリス製

http://antiquelab.web.fc2.com/246/
こちらの商品とほぼ同型のお品です↑↑↑

スポンサーサイト

足踏みミシン入荷情報

2013-09-14 (Sat) 12:12
今回はイギリス製シンガーの足踏みミシンが1台入荷して、
もう1台は台を製作しましたので、そのご紹介です。

こちらは入荷分、シンガー99K足踏みミシンです。
返し縫のあるのが特徴です。
#271 シンガー99K 足踏みミシン
#271 Singer 99K シンガー 足踏みミシン

こちらは手回しミシンを足踏みミシンに、というご依頼でテーブルを製作したものです。
シンガー99Kはコンパクトなミシンですので合う足踏み用の台はほとんどありません。
#272 シンガー99K 足踏みミシン
#272 Singer 99K シンガー 足踏みミシン

一般的な足踏みミシンの本体ベース幅が約38cmに対し、
シンガー99Kは約30cmほどしかありません。
現存する家庭用足踏みミシンの台は前者の広いサイズに合わせたものがほとんどです。
#271のように30cm幅の台も稀に見かけますが、これらは19世紀末から20世紀のごく初めだけに
生産されたものですので、今なお残っているものは希少品です。
(我々専門でやっていても入手は困難です。)


以上入荷情報と足踏みミシン豆知識でした。

SINGRE 127 128 シンガー足踏みミシンの説明書

2013-09-05 (Thu) 23:21
海外のシンガー足踏みミシン・手回しミシンをお使いの方も多いと思いますが…

当店では説明書もご用意しています(*^_^*)
古いシンガーの説明書はこのような緑の表紙のものですね。
SINGRE 127 128 シンガー足踏みミシンの説明書
SINGRE 127 128 シンガー足踏みミシンの説明書
こちらはシンガー127と128の足踏みミシン・手回しミシンどちらも対応している説明書(英語)です。

下の写真のようなミシンに使用できます。
SINGRE 127 128 シンガー足踏みミシンの説明書
SINGRE 127 128 シンガー足踏みミシンの説明書


足踏み・手回しミシンどちらでも使用できます。こちらで販売中です。
http://antiquelab.shop-pro.jp/?pid=60672205

別のシンガーや国産機種の説明書もございます。英語も一部は翻訳したものもあります。

雑誌に紹介されました。

2013-09-02 (Mon) 13:28
今回ネコパブリッシングさん創刊の「HUNT」という雑誌で当店を紹介していただきました。

HUNT〔ハント〕 (NEKO MOOK)1
お、色合いも落ち着いてていい感じの雑誌。

HUNT〔ハント〕 (NEKO MOOK)2
当店の足踏みミシンと店舗の風景をたくさん掲載してもらってます。
雑誌の写真を通してみると男くさい店だな~笑

Amazon.co.jp

HUNT〔ハント〕 (NEKO MOOK)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。