スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンティークミシンの糸の掛け方 シンガー編

2008-05-20 (Tue) 22:29
アンティークミシンを購入される方は、説明書がないため糸の掛け方などがわからない、という理由もあって困惑してしまう場合があります。
しかし、基本的な糸の掛け方はだいたい同じです。今回はシンガーミシンV.S.3の場合を紹介します。

(1)まず糸立て棒の糸から、ミシン前方フェイスプレートの上の角にある溝に糸をかけます。
アンティーク シンガーミシン 糸のかけ方1 (2)次に下方向に糸を伸ばし、上糸調子に糸をかけます。糸は2枚の金属皿の間を通すようにします。ちなみに糸調子手前のネジを回すと上糸のテンションを調整できます。
アンティーク シンガーミシン 糸のかけ方2

(3)上糸調子の下側にあるタブを押すと、糸を皿の奥まで通すことが出来ます。
アンティーク シンガーミシン 糸のかけ方3-2

(4)糸調子左側の糸取りバネに糸をかけます。(アンティークのミシンではよくこの部品がなくなっています。)
アンティーク シンガーミシン 糸のかけ方3

(5)また上方に戻り、フェイスプレート正面にある糸取りの穴に糸を通します。
アンティーク シンガーミシン 糸のかけ方4

(6)さらに下方に行き、針金の輪のような部分に糸を通します(奥から手前に引くようにすると輪の中に入ります)。
アンティーク シンガーミシン 糸のかけ方5

(7)針に糸を通す前に、針棒にある輪に糸を通します。
アンティーク シンガーミシン 糸のかけ方6

(8)このミシンでは、糸は左から右へ通します。これで糸掛けは完了です。
アンティーク シンガーミシン 糸のかけ方7

(番外編)下糸巻きは写真のように糸をかけます。まず、ボビンに何回か初めの糸を巻きつけ、巻いた糸が外れないようにボビンを下糸巻きにセットします。それから下記のように糸を掛けるとよいです。下糸巻きの様子を動画で紹介しています
アンティーク シンガーミシン 下糸巻きの方法

アンティークミシンは革などの厚地にも使えるように設計されていたものもあるので、デニム数枚重ねなら簡単に縫うことが出来ます。
アンティーク シンガーミシン デニム縫い

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://antiquesewingmachine.blog95.fc2.com/tb.php/14-95198f27

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。