スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足踏みミシンの家庭用ボビンについて

2016-01-07 (Thu) 14:25
以前家庭用ボビンの従来品と古いものの差で使えないことがあるとの情報をお知らせしましたが、今回国産で使用できるボビンをご用意できることになりました!従来品は台湾・中国製です。

左が今回ご用意した国産家庭用ボビン、右が従来品です。穴の有無が違いますが、基本的な規格は同じとされてきました(11.5㎜厚)。
bobbinsnew.jpg


問題は円盤の内側の幅で、従来品の場合、製造工程でプレスして組み立てるときに厚で曲がってしまうのでしょう。
国産品と古い日本製のボビンは円盤がほぼ水平です。
円盤の中央部分の厚さは同じですが、2枚の円盤の縁の内側の距離が違います。実物を並べても注視しないとわかりません。
bobbins2_20160107141453f1f.jpg

下糸巻き機の形状によって得手不得手があります。
従来品は軸にバネのある型の場合はほぼ使用に影響がないようですが、軸の根元に突起のある型では回転に影響がある場合があります。
国産新製品は両方のタイプで使用できます。
ただ長年の使用や何らかの変形、またはもともとのミシンの規格が違う等、そもそも下糸巻き機に問題がある場合は例外です。
bobbins3_20160107141455dc9.jpg

表にしてみました。コンマ何ミリの差ですが影響があるんですね。
国産新品と古い製品では金属の厚さが違うために内側の幅の差が出来ています。古いボビンはたいていのミシンに合いますので、これは馬鹿にできません。
bobbins4.jpg

5個セット500円となっていますが、品質面で安心です。
これまで従来品しか販売しておりませんでしたが、もし従来品を当店で購入してうまく使用できない!という方がいらっしゃいましたら、通常500円(税別)を400円(税別)で割引販売いたします。
メールでもメッセージでも結構ですのでご連絡ください。

▲▲▲当店販売部でご覧ください。▲▲▲

八方とシンガー29の押え金の違い

2015-09-26 (Sat) 09:41
ここのところシンガー29や各メーカーの八方タイプのミシンの修理ご依頼が増えています。
困るのは部品で、シンガーと各種国産のものでは、インチ・ミリ、ネジのピッチといった規格が違う場合があります。

presserfoot.jpg

例えば押さえ金も写真のように取り付ける溝の幅が違います。
微妙な差で大は小を兼ねると思って大きい方を使えばよさそうですが、わずかなぐらつきが出ます。
押え金はまだ末端なので影響は少ないと思いますが(それでも合う規格のものを推奨します)、機構の中の部品はそうはいきません。

私たちも常に代品を探しています。

ブレードミシンの修理

2015-06-29 (Mon) 14:06
長くお預かりしてしまったブレードミシン112-4。麦藁帽子などを縫うミシンです。
シンガー112-4ブレードミシン

針棒と糸調子バネの劣化・破損があり、タイミイングも少しずれていました。
また機械が動作して摩擦するところに錆が出ていて、そういった箇所を分解掃除しました。

いざ整備が終わって試しに麦藁帽子っぽく縫ってみよう!と思いましたが、
ぜんぜん歯が立たず難しいので、試し縫いは写真のようなひたすら筒縫い状態になってしまいました。
やってみて分かりました。帽子を縫う技術は職人技です!

シンガーの模様には顔が隠されています

2015-06-08 (Mon) 14:21
表題の通りシンガーの模様のSINGERのSの字の横をクローズアップしていくと…

おや。
アンティークシンガーミシン

顔です。笑っております。
アンティークシンガーミシン

インディー・ジョーンズ博士やナショナルトレジャーのニコラスケイジがいたら宝モノを見つけるきっかけになるはずです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。